データを復旧したい場合に知っておきたいその種類とは

最低限の準備

ミニチュア

気にしておきたいこと

パソコン等は、重要なデータが入っていることが多いですが、これらのデータがなくなってしまうこともあり得るでしょう。例えば、うっかり消してしまった場合などが考えられます。本来うっかり消してしまった場合には、バックアップを取ってあれば特に問題はありません。しかし、バックアップを取っていない場合にはデータを復旧させるしかありません。その一方で、大きな地震などがあり机の上から起動しているパソコンが床に落下することもあるかもしれません。そうすると、パソコン上のデータがすべて吹き飛んでしまう可能性があります。これを避けるためには、パソコンを固定しておくか落としても大丈夫なようにしておくことも大事でしょう。しかしすでにデータがなくなってしまった場合には、復旧業者に依頼するしかありません。復旧業者に依頼するポイントの1つは、何といってもデータをもとに戻してくれることです。そのための準備として知っておきたいのは、そもそもデータそのものがなくなっただけなのかそれともハードディスクが壊れてしまったかと言うことです。もし準備としてあらかじめ情報が分かっていれば、業者に頼む時も頼みやすいと言えるでしょう。ハードディスクが壊れておらず、データだけがなくなっている場合は復旧はそれほど難しくないとされています。もちろんそうであっても、プロの腕前が必要になるところですが、手間がそこまでかからない傾向があり、お金もそこまでかかりません。これに対して、ハードディスクそのものが壊れてしまっているケースもあるかもしれません。この場合には、復旧するまでに時間とお金がかかるでしょう。