データを復旧したい場合に知っておきたいその種類とは

どのような種類があるか

ハードディスク

2つの種類を知っておく

パソコン等を所有している人は、パソコンに大事な情報が置いてあるケースは少なくありません。多くの人が、ウィルスに感染しないためにセキュリティーを入れるのは、そういった理由が多いかもしれません。ただ、パソコンから直接ウィルスの侵入がない場合でも、データが失われていることもあります。この場合には復旧しておきたいところですが、その前にデータ復旧の種類を2つほどしておくと良いでしょう。ハードディスクのデータが故障してしまった場合には、ハードディスクそのものには問題がないけども、データそのものがなくなってしまうケースもあります。この場合復旧させるとすれば、そこまでお金はかかりません。お金がかからないといっても、2万円から5万円位のお金はかかりますが、修理はハードディスクが故障した時に比べれば安いものです。日数はどれぐらいかかるか業者によって異なりますが、1週間前後預けると考えておけばよいでしょう。これに対して、ハードディスク自体が故障しているケースもあります。例えば、テーブルの上にノートパソコンを載せておいたけども、コードが足に引っかかりそのままノートパソコンが床に落ちてしまう場合もあります。パソコンが起動していなければ、ハードディスクは壊れないかもしれませんが、パソコンが起動した状態で床に落としてしまうと壊れてしまう可能性があるわけです。この場合には、ハードディスク自体を交換するよりも復旧させる方を選ぶならば、10万円以上のお金がかかるかもしれません。